最強のナンパ術

2013年9月18日

引きこもる

Filed under: その他 — naoya @ 5:30 PM

9月は、引きこもり月間です。
だから、インプットを大量に行って
いるのですが。

だからですかね。

これから、俺がやってみたいと思える事が
おぼろげに見えてきました。

基本

「おもしろそー」

と思えないと、心が燃えません。

今、思い描いているの。
すごい面白そう( *´艸`)

ただ、仕込みが大量にいるので。

それに向けて、仕込みをしなければ
なりません。

やっぱり、引きこもり
インプット期というのは、つくらないと
だめだなと。

近々の 大「下」ネタのクローズな場での公開。

次に考えている事。

それ以降かなト。
もっと、スピーディーに動きたいですが

ノロノロに見える、今のスピードが
フルスロットルだったりします。

2013年9月15日

女性の本音

Filed under: 勘違い — naoya @ 7:46 PM

「合コンで知り合った女とデートしてきました。
 帰り際にまた誘ってねといわれたのですが

 その後メールをしても返事がそっけないし、
 あまり電話に出てくれなくなりました。

 これってやっぱり嫌われてるんですかね?
 今後どうすれば良いですか?」

女を落としている途中、

当たり前ですが常に気になることがあります。

「女は自分のことをどう思っているのか?」

気にするだけなら良いのですが

慌てて答えを確かめずにはいられなくなり

その結果ドボン!というケースが非常に多いです。

■■ 社交辞令に隠れた女の本音とは

例えば女の社交辞令というものがあります。

1.また誘ってくださいね

2.みんなで行きましょうね

3.最近忙しくて、、ちょっと

これらは典型的な例ですが、

当然社交辞令でいってる場合もありますし

そうでない場合もあります。

その線引きをどこで持つかが
肝心なところになるわけですが

例えば「2.みんなで行きましょうね」

という場合は

再度誘ってみる余地があります。

当然「二人で行きたくはない」

という意味が暗に込められているわけですが

完全に拒否されているわけではないからです。

口説くという観点から見ると

このセリフは、まだ二人きりにはなれない、

という意味合いが大きいです。

このまだという部分を戦略的に考えれるかどうかがポイント。

要はある程度時間をかけて

二人で行くことがOKという

ラインにもっていけば良いだけのことです。

基本的に女が男を好きになるには

ある程度時間がかかります。

もちろんその女の性格や状況など
加味する点はいくつかあるとしても、

基本は時間をかけてゆっくりその男を好きになっていきます。

余談になりますが

女は男を見るときまずは批評から入ります。

批評から入って
徐々にプラスの点が加算されていく。

その結果好きになっていた、
というプロセスを踏んでいくのです。

「あの笑い方はちょっと、、」とか

「服がダサイ」なんて思いながらも

「ちゃんと話を聞いてくれる」

「価値観があう」

「ネイルを褒めてくれた」

などといくつかのプラスポイントが

徐々にマイナスポイントを上回っている

という過程があるわけです。

第一印象は最悪だったけれど

その男が彼氏や旦那になっている

という例が少なくないのもその証拠です。

だから「2.みんなで行きましょうね」

と言われたら

少しずつプラスポイントを重ねていく。

頃合を見て再度誘えば良いだけの事です。

実際オレも学生の頃にこのセリフを言われて

その場は一旦引き、再度攻めに転じ、

結果3ヵ月後にその女をゲットしたという経験があります。

要するに女を攻めるときは

点を基準にしてはいけません。

あくまで線、プロセスを基準にすると

うまくいきます。

■■ 恋愛はギャンブルではない

一度断られてから好意レベルを高めていくような場合

当然もう一度誘うという場面がやってきます。

当たり前ですがこのときにただ闇雲に攻めても意味はありません。

文章にすると当然のように聞こえるかもしれませんが

現実は多くの男性が間違っているとわかりつつも、
出会い系体験談に登録するなど、
向こう見ずに猪突猛進してしまいます。

その原因は感情論にあります。

自分がこれだけ好きだから、頑張っているのだから、

相手はそれに応える義務がある、

という錯覚を起こしてしまうからです。

当然こういう状況では
本来勝てる恋愛をみすみす落としてしまうという

非常にもったいない結末を迎えてしまいます。

しかし安心して下さい。

こういう気持ちや行動に走らないようにする方法があります。

それが女の本音を読みつつ

好意レベルが高まったときのサインを見逃さない

という方法になります。

女の本音を読むことで

女の好意レベルと自分の立ち位置を確認しながら

攻めることができるのです。

2013年9月6日

最近口内炎が痛い。

Filed under: その他 — naoya @ 11:09 AM

この名を聞いたあなたは今
恐怖のあまり震え上がっていることだろう、
口内炎は我々人類が最も恐れる存在の一つに挙げられる
口の中の粘膜にできる炎症のことだ。

ひとたび口の中に口内炎ができれば
それまで楽しかった毎日は一瞬にして過去のものとなり
治るまでの間はひたすら痛みとの闘いになる。

そのような表現をしたくなってしまうほど
口内炎というのは我々にとって恐ろしい存在なのだが
当の口内炎達からすれば
それは理由があって炎症をさせているのであって
いたずらに我々を苦しめようとしているわけではないらしい。

口内炎が発生する理由、それは我々に
痛みを忘れないことの大切さを教えるためなのだという。

今回の名言を残した口内炎には
どういった時に自分を発生させるかという
明確な基準があった。

それはズバリ「調子に乗っているかどうか」である。

つまり彼が自分の主人に対して
「コイツ最近調子に乗っているな」と判断したら
その瞬間から口の中を炎症させる準備を始めるというのだ。

具体例を挙げるなら
先輩にタメ口で話し掛け始めた時や
観光地でアロハシャツを購入した時…

そして合コンでポッキーゲームをしようものなら
食べている最中に口内炎ができるくらいの勢いで
急ピッチで作業を進めるらしいので注意が必要だ。

「高い所から飛び降りるとケガをする…
 雨の日に走ると転ぶ…
 みんな子供の頃はそんな風に
 痛い思いを繰り返すことで学び成長をしてきました。
 ですが大人になるとそういった経験をすることが
 できにくくなってしまいます。

 ですから私達は時々口の中に炎症を起こすことで
 主人に油断をさせないようにしているのです。

口内炎になった理由は夫がペニス増大サプリメントを飲み、
陰茎が増大したコトが原因です。

 もし今後、口内炎が発生した時には
 自分に何かしらの隙があったのだと思ってください。
 そしてその行いが正された時、
 我々はいつの間にか口の中から消えていることでしょう」

ちなみに口内炎自身の口の中にも
口内炎は発生するらしく
その発生基準は我々の場合と全く同じなのだという。

2013年9月5日

面倒になること

Filed under: その他 — naoya @ 11:11 AM

面倒になることってないでしょうか?

やった方がいいことは分かっているけど、実行するのが面倒だ

「何故かやる気がしない」ような場合です。

恋愛商材を買う時に、セールスレターは集中して熱心に見るけど、

買ってみた商材は1度しか読まなかったり熱心に読まないことがないでしょうか?

「最初の一歩が出ない状態」だと思います。

ちょっとした、コツなのですが、全部読破しようと思うと時間もかかりますし

行動に移せなくなる場合が多いです。

こういう時は、5ページだけ読むとか、まず小さな目標を立てて実行するのがよいでしょう。

とにかく、最初の一歩を出すことが重要です。

それも音楽を聞きながら読もうとかではなく、余計なことは考えずに集中して読むことをお勧めします。

一つのことに集中した方が、学習能力は上がるはずです。

競馬予想情報でずっと競馬予想をしている兄はめちゃくちゃ頭が良いですw

まずは、小さな確実に出来る目標を立ててやってみてください。

場合によっては、集中力が続き読むのが楽しくなることも多々あります。

2013年9月4日

自分はモテる

Filed under: 勘違い — naoya @ 4:17 PM

あまり異性と縁がないにもかかわらず自分はモテると

勘違いしている人がいます。

こういう人はいつまでも進歩がないですし、

成長する事も出来ないので、一生モテる事が出来ません。

モテる為にはまず、自分自身モテないと自覚することが大切です。

男性女性問わずいるのですが、こういう勘違いしている人って

多くないですか?

自分自身を客観的に見れていないので、

異性に対してものすごく厳しいのです。

「あれはないわ~」

とか

「あの男は無理でしょ」

とか発言して周りに失笑されています。

まずモテる人は、腹の中でそういうことを思っていたとしても

口に出さない人が多いです。

ですので、そういう風に仮に思ったとしても

口に出さない事が得策ですし、モテる為の第一歩と

考えてください。

こういうことを言うと

「思っている事は言った方がいい」

とか

「腹黒い、何を考えているのかわからない」

という人もいるかもしれませんが、本当の事を言ったところで

何も得はないですし、むしろ損しかありません。

聞いている側からしてみれば、

(お前どの目線からそういうこと言ってるんだ)

と思われるかもしれないですし、むしろ言わない事によって

(この人は、わけ隔てなく人と接している)

と思われます。

まず、自分自身の事を客観的に見つめ、

自分の悪いところ、良いところを理解して、

悪いところに関しては改善する努力をすることが大切です。

そして、モテようが、モテまいが、

あまり人に対しての評価をしない事をオススメします。

最強のナンパ術